熊本県体育協会

総合型地域スポーツクラブ

総合型地域スポーツクラブ紹介

つなぎ運動します隊(芦北郡津奈木町)

 県内65番目のクラブが、芦北郡津奈木町に誕生しました。その名は“つなぎ運動します隊”。 平成22年度に創設準備委員会が発足し、約3年間の準備期間を経て、設立に至りました。

平成25年5月24日に開催された設立総会には、津奈木町の区長会、体育協会、老人会、婦人会、津奈木町B&G 海洋センターの関係者と、設立準備委員、行政スタッフ、来賓を合せて、47名が出席されました。

 主催者挨拶で、塩山一之津奈木町教育長から設立に至るまでの経緯の報告と、総合型地域スポーツクラブの今後の経営は行政主導ではなく地域住民が主になって推進していってほしいこと、子どもから高齢者までの健康づくりに貢献してほしいとの思いを伝えられました。

 大嶋康裕熊本県体育協会事務局長からは、総合型地域スポーツクラブの特性と理念を踏まえたクラブ経営に努めていただきたいことや、津奈木町の南北に位置する「サンビレッジみなまたスポーツクラブ」や「JKAトレジャークラブ」の先進クラブと連携・協力して、よりよいクラブづくりに邁進していただきたい旨のメッセージが贈られました。

 その後、議事として、クラブ理念、クラブ規約、クラブ役員、平成25年度事業計画・収支予算について審議され、全て承認されました。

 新役員の挨拶では、「鍛えるクラブではなくちょっとやりたい程度の人たちを誘いたい」、「津奈木町は高齢化が課題なのでみんなで支え合ってほしい」、「地域の皆さんの健康づくりに頑張りたい」など、それぞれの立場でクラブづくりへの思いを述べられました。

 設立総会終了後、スポーツイベント体験会が行われました。種目は卓球バレー、室内ペタンク、ラケットテニス、バドミントンの4種目。中でも卓球バレーと室内ペタンクは、小学生と高齢者が対戦する場面があり、ファインプレーが出ると歓声が上がるなど、盛り上がりを見せました。参加者は時間いっぱい設定されたスポーツを楽しまれていました。

 「つなぎ運動します隊」は、現在参加者を募集されていますが、年間を通したサークル活動として「つなぎ遊びの学校」、「B&G海洋クラブ」、期間限定のスポーツ教室として「バドミントン教室」、「野球教室」、「泳げない子どものための水泳教室」が用意されています。また、秋には「グラウンドゴルフ交流会」、「登山」、「ビーチボールバレー大会」のイベントも開催予定です。

このように海あり山ありの津奈木の地で、子どもから高齢者まで、全ての世代の人々が元気で明るい生活を楽しめるプログラムが用意されていますので、より多くの利用客が生涯を通してスポーツに親しまれることを期待しています。熊本県内64クラブも「つなぎ運動します隊」を応援しますたい!

このページの先頭へ