熊本県体育協会

熊本県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会(SCS火の国クラブネット)

熊本県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会事業「今こそ絆!復興事業」

今こそ絆!復興事業vol.1「平成28年度研修会」〜クラブから地域を盛り上げよう!!熊本地震からの復旧・復興にむけて〜

 平成28年10月8日(土)菊陽町光の森町民センター「キャロッピア」にて、クラブの復興をテーマに研修会を行いました。
 主管ブロックである北ブロックが中心となって企画・運営をされ、当日は60人の参加を得て開催されました。
 4月に発生した地震により、多くのクラブ関係者が被災し、不安な日々を過ごしましたが、今後も起こりうる自然災害等非常時にどう備えるか、そして我々ができること、すべきことは何なのかを考える必要があるという結論に至りました。

 この度は、長洲町で消防士をされている「ながすクロスロード研修会」の徳永伸介氏、そして岩手県陸前高田市の総合型地域スポーツクラブ「NPO法人総合型りくぜんたかた」の戸羽氏をお招きし、緊急時の対応についてワークをしたり、実際東日本大震災を経験し、その後の活動についても講演を聞きしました。講演後、戸羽氏の進行で玉入れタイムレースを体験し、参加者全員で楽しみました。

 参加者からは、「大変ためになった。」「今後に活かしたい。」という御意見が多数寄せられ、今後に繋がる非常に良い研修となりました。

研修

講師 ながすクロスロード研究会 徳永伸介 氏

講演

講師 NPO法人総合型りくぜんたかた サブマネージャー 戸羽理智 氏

今こそ絆!復興事業vol.2「平成28年度県内クラブ交流事業」〜リセット!そしてスタート〜

 例年県内クラブの会員を中心に、県体育協会と県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会の共催事業として「県内クラブ交流大会」を実施していますが、今年度は地震の影響により、クラブスタッフを中心とした、復興や防災、交流やリラックスをテーマとした交流事業を行いました。

 四季の里旭志を会場とし、第1部の全体プログラムでは「ペットボトルでピザ作り体験」を行いました。一般社団法人夢・理想の里の原事務局長においでいただき、ペットボトルを使ってピザ生地づくりをし、各自で盛り付けた後、段ボールでできたオーブンで焼きました。参加者の皆さんは大変楽しまれると同時に、ペットボトルを使って生地ができることに驚いておられました。

 午後からは、分科会①「エコノミークラス症候群予防体操セミナー」、分科会②「ノルディックウォーキング体験」に参加者はそれぞれ分かれました。

 「エコノミークラス症候群予防体操セミナー」では、一般社団法人志誠会マチと医科学研究所の河野代表理事、花田マネージャーが講演を行いました。熊本地震発生後、問題となった車中泊などによるエコノミークラス症候群について、その原因や対処法等を細かく教えていただきました。また、ノルディックウォーキングは、東日本大震災を経験したクラブが、会場がなくても実施可能なプログラムとしていることを受け、今回体験プログラムに導入されました。

 その後、レクリエーションプログラムとして、ヨガ・体幹トレーナーの田仲素直氏によるリラックスヨガの体験を行い、その後玉入れタイムレースを行い、する人も見る人も盛り上がりました。
第2部では、スタッフの労をねぎらう会としてバーベキューを行い、それぞれのクラブの話を語り合う会となりました。

 事業全体を通して、学びの多い素晴らしい機会となりました。

ペットボトルでピザ作り体験

講 師 一般社団法人夢・理想の里 事務局長 原田建史 氏

エコノミークラス症候群予防体操セミナー

講 師 一般社団法人志誠会マチと医科学研究所 代表理事 河野真介 氏
                       マネージャー 花田恭祐 氏

ノルディックウォーキング体験

指導者 山都ふれあいスポーツクラブ クラブマネジャー 宮崎玲子 氏
                  指導者      木村市子 氏
                  指導者      松本洋一 氏

リラックスヨガ体験

指導者 ヨガ・体幹トレーナー 田仲素直 氏

 

SCS火の国クラブネット

熊本県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会(SCS火の国クラブネット)
活動紹介
過去の活動
このページの先頭へ