熊本県スポーツ協会

熊本県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会(SCS火の国クラブネット)

交流大会事業

第9回県内クラブ交流大会

 11月24日(日)御船町スポーツセンターにて、第9回目となる県内クラブ交流大会を開催しました。
この大会は、クラブ間の交流を目的としており、本会と熊本県教育委員会。熊本県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会との3者が共催となり開催しています。
 本大会のスローガンは「体感!パラスポーツの世界。ブロック対抗、秋の大運動会!」とし、卓球や転がしドッジボールの対戦やパラリンピック競技種目の体験等、様々なブースを設定して実施したところ、県内各地から約400名に御参加いただきました。
 なお、昨年に引き続き、くまもと・高齢者や障がい者にやさしいまちづくり推進協議会の協力を得て、障がい者スポーツの啓発を行いました。今後も様々な機会を捉え、活動していきたいと思います。

   

第8回県内クラブ交流大会

 2月16日(土)合志市総合センターヴィーブルにて、第8回目となる県内クラブ交流大会を開催しました。
この大会は、クラブ間の交流を目的としており、本会と熊本県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会との共催で開催しています。
 今年度は例年と実施方法を大きく変え、会場のメインアリーナ、サブアリーナ、文化ホールを使用して、「体験ブース」「発表ブース」「復興ブース」に分けて実施しました。
 子どもから高齢者まで、多くの方が様々なプログラムに御参加いただき、県内から総勢400名の参加がありました。
 来賓として、熊本県教育庁教育指導局体育保健課長の西村浩二様、合志市長の荒木義行さま、合志市教育長の惠濃裕司様に御出席いただきました。

 また、今年度はくまもと・高齢者や障がい者にやさしいまちづくり推進協議会の協力を得て、障がい者スポーツの啓発を行いました。今後も様々な機会を捉えて活動していきます。

第7回県内クラブ交流大会

 11月19日(日)城南総合スポーツセンターをメイン会場に、第7回目となる県内クラブ交流大会を開催しました。県下39クラブから約900名の参加者が集い、交流しました。

 この大会は、クラブ間の交流を目的としており、公益財団法人熊本県体育協会と熊本県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会との共催で開催しております。
 今回は、中央ブロックが主管となり、準備から当日運営まで担当いただきました。

 開会セレモニーでは、東京オリンピック・パラリンピック関連規格として、東京五輪音頭2020を全体で踊りました。

 また、交流種目はジュニア・キッズサッカー、グラウンドゴルフ、ウォーキング、アジャタ、復興講演会、復興ライブ、ブロック対抗玉入れタイムレース、ブロック対抗復興リレーです。

 来賓として、熊本県教育庁教育指導局体育保健課長の西村浩二様、熊本市経済観光局文化・スポーツ交流部長村上誠也様に御出席いただきました。

 閉会式では、参加クラブからの特産品や持ち寄り品による抽選会が行われ、大変盛り上がりました。

第6回県内クラブ交流大会

 11月22日(日)宇土市民体育館をメイン会場に、第6回目となる県内クラブ交流大会を開催しました。
この大会は、クラブ間の交流を目的としており、本会と熊本県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会との共催で開催しております。

 今回は、南ブロックが主管となり、準備から当日運営まで中心的に実施されました。
 実施種目はジュニア・キッズサッカー、グラウンドゴルフ、ウォーキング、アジャタ、玉入れタイムレース、じゃんけん王者決定戦、宅配便リレーです。その他にも、スポーツ体験コーナーを設置し、囲碁ボールやラダーゲッターを多くの方に体験いただきました。
また、東京オリンピック・パラリンピック関連PR事業として、開会セレモニーとして手作りの「聖火リレー」を行ったほか、理学療法士の協力をいただき、健康相談コーナーも設け、個別の相談に対応いただきました。
 来賓として、熊本県教育庁教育指導局体育保健課長の平田浩一様、宇土市長の元松茂樹様、宇土市教育長の太田耕幸様に御出席いただきました。
閉会式では、南ブロッククラブからの特産品や持ち寄り品による抽選会や「かあちゃんず」様の協力をいただき、生演奏による全体合唱が行われ、大変盛り上がりました。

第5回県内クラブ交流大会

 11月16日(日)大津町運動公園にて第5回目となる県内クラブ交流大会を開催しました。

 この大会は、クラブ間の交流を目的としており、本会がスポーツ振興くじ助成を受け、熊本県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会と共催で開催しております。

 今回は、北ブロックが主管となり、準備から当日運営まで中心的に実施されました。

 実施種目はジュニア・キッズサッカー、グラウンドゴルフ、ウォーキング、ドッジボール、笑ってハプニングリレー、タグハント(しっぽとり)です。また、東京オリンピック・パラリンピック関連PRブースを設置し、シャッフルボード体験、理学療法士や栄養士、歯科衛生士、日本赤十字社熊本支部の協力をいただき、健康・安全相談コーナーも設けました。

 来賓として、熊本県教育庁教育指導局体育保健課長の平田浩一様、大津町教育長の齊藤公拓様に御出席いただきました。

閉会式では、「肥後にわか」の披露や、北ブロッククラブからの特産品や持ち寄り品による抽選会が行われ、大変盛り上がりました。

 また、大会の反省を行い、次年度以降の大会に活かしていきたいと思います。

 

第4回県内クラブ交流大会 

 平成25年11月24日(日)に、パークドーム熊本で「第4回県内クラブ交流大会」を開催しました。

 今大会は、中央ブロッククラブ実行委員会が主管となり、企画・運営等の準備が進められました。

 午前の部は、各会場でジュニア・キッズサッカー、グラウンドゴルフ、ウォークラリー、ニュースポーツ体験コーナーを実施し、午後の部として、アジャタ、長縄跳び、綱引き、年代別リレーを行いました。大会には、延1,400名の参加があり、盛大に開催することができました。

 また、この大会は開催地を県内持ち回りで開催しており、次年度は北ブロック(県北地域)で開催される予定となっています。

 今後も、県内総合型クラブの一大イベントとして、更なる交流を図っていきたいと考えています。

 
このページの先頭へ