熊本県体育協会

トピックス

日韓スポーツ交流事業

 6月24日(土)から27日(火)までの4日間、熊本県において、2017年日韓スポーツ交流事業「第33回日韓親善スポーツ交流大会<受入>」(公益財団法人熊本県体育協会・忠清南道体育会主催)を開催しました。

 今回は、熊本県選手団として、松尾団長(本会副会長)以下、本部役員及びボクシング競技の選手(高校生男子)・指導者の総勢20名を編成し、韓国・忠清南道の選手団を受入ました。

 6月25日には、熊本市内の「熊本県立総合体育館」で競技会を実施し、8階級11名の選手によって熱戦が展開されました。本県選手は、韓国の代表選手に対して11対戦中8試合で勝利し、韓国トップレベルの選手との対戦や合同練習を通じて充実した交流大会となりました。

 来日した韓国選手団一行は、期間中、南阿蘇村や上益城郡の各地域で体験学習や見学研修等も行い、両国の友好親善を深めるとともに、多くの交流を育みました。

このページの先頭へ